JAPAN FIGURE SKATE FORUM は、フィギュア・スケートと日本人スケーターを愛する皆様の交流フォーラムです♪
 
インデックスFAQ検索登録するログイン

Share | 
 

 ESPNの記事/Skate America 女子関連

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down 
投稿者メッセージ
hanatsuki
Moderator
avatar

投稿数 : 879
Join date : 2010/05/26

投稿件名: ESPNの記事/Skate America 女子関連   Mon Oct 21, 2013 7:19 pm

Mao Asada pushing skating's boundaries
         (フィギュアスケートの限界を押し上げ続けるマオ・アサダ


私のNBA情報源であるESPNでこんな記事を見つけちゃいました!Very Happy
このタイトルに目が止まらないわけがないですよね!gogo2 

ちょこちょことした間違い・勘違いはありますが、総体的に心温まる記事です。
皆さんと共有したくて訳そうと思ったのですが、長いので、前半は省略Embarassed  
スケアメ後の共同記者会見での、上位3人へのインタビューのあたりからざざっと翻訳してみました。 
ワーグナーとラディオノアちゃんの真央ちゃんへのコメントも良い感じですよ~Very Happy 

元記事はこちら↓

[You must be registered and logged in to see this link.]


以下がざっと訳です。 間違いその他、多少はあるかもしれませんが、ご容赦を。
(省略した前半には、真央ちゃんが昨年のショートを演じる際にローリーが細かく表情(笑顔)の指導を
したエピソードや、スケアメの結果。 上位3名の紹介などが書かれています。)

********************************************

ワーグナーとラディオノバは、それぞれ自分達の順位に満足感を示し、また同時にオリンピック金メダル候補であるこの女性(真央)を心から称えた。

ワーグナーのコメント
「真央(の優勝)を祝福します。 彼女はどの競技会でも常に、この競技のレベルを高めようと攻め続けるんです。それは私達全員が喜ぶべきことだから。」

このグランプリシリーズが初めての(シニア)参戦となるラディオノバは、女性では初となるグランプリシリーズ6大会制覇を成し遂げた浅田を、「私の憧れの人(my idol)」と呼ぶ。 「彼女をライバルとしてだけ見ているわけではありません。彼女が滑っているところを見るのが楽しいのです。」と通訳を介し語った。

浅田は、自分が15歳で初のグランプリに参加した時に、2006年オリンピック金メダルリストの荒川静香と銀メダリストでアメリカ人のサーシャ・コーエンに対し、同じような気持ちを抱いたという。 

「同じ大会で彼女達と戦えることが、いいえ、同じ大会に出られるだけでとても嬉しかったです。」 
もし年齢制限がなければ2006年オリンピックの金メダル候補であっただろう浅田は、そう当時を振り返った。 
「今自分が荒川さんやコーエンさんと同じ立場にいるというのは、なんだか妙な気持ちですね。(ラディオノバさんに)そう言っていただけて嬉しいです。 彼女の今後の成功を願っています。」 

和田は、浅田の日本での人気の高さを、イチローの女性版と表現する。
「今季を競技生活の最後の年にしたいと彼女の口から聞いた時は、とてもショックでした。でも翌日の朝に、私はファンが泣いているのを見たのです。」

浅田は、いつかスケート靴を持たずに旅をしたいという。 しかしその願いはソチで金メダルをとるまではお預けだ。 ソチでは、現在足首の怪我を治療中の2010年金メダリスト、韓国のキム・ユナ、そしてイタリアのカロリーナ・コストナーと(アメリカの)ワグナーがメダル争いの強敵となるだろう。 

しかし和田は、そして浅田自身でさえも、ソチが彼女にとっての最後の競技になるとは必ずしも思ってはいないようだ。

「もし終わりの見えないところにゴールを置いてしまったら、その目標を達するまでに気の遠くなりそうな時間をかけなければならないという気持ちになるでしょう。 でも、次のオリンピックまでだ、と思えば集中しやすいですよね」

今週浅田は、彼女が2018年に韓国で3度目のオリンピックに出場しているのではないかという質問に、
笑い声を上げ、微笑みながら答えた。 
「2018年ですか? さあどうでしょう。 私はその時まだ27歳ですね」

2010年バンクーバーで銀メダルを受け取った時、浅田は懸命に涙をこらえていた。 
当時はユナとの競争に少し神経を使い過ぎていたと、今週行われたインタビューで彼女は答えている。 

「もちろん銀メダルを頂けたことはとても嬉しかったです。 でもあのシーズン、私は殆どのジャンプを
跳べなくなっていました。そのことには満足できませんでした。 今度はオリンピックでジャンプだけではなく
スケーティングも完璧なプログラムを滑りたいです。そのために練習を重ねてきました。」

浅田は、バンクーバーの後、自分の全てのジャンプの見直しに取り組んだ。最初の2年間はトリプルアクセルを跳ぶ事が出来なかった。 
そしてその最中に、2011年の冬、彼女の母、浅田匡子さんが他界した。 慢性の肝臓疾患で、48歳だった。

浅田の深い悲しみは家を離れることで和らぐのだと和田は言う。
「ずっとそういう生活でしたからね、家から離れている方が彼女は母親と一緒にいる気持ちになれるのです。 自宅にいると辛さが増すようです。」 

土曜日、女子にとっては最も難度の高いトリプルアクセルを長年跳び続けてきた唯一の女子スケーターである浅田は、
「自分の演技に完全には満足していませんが、この経験を今後に生かしたいです」と言った。 

ワーグナーは、自分の演技を「私にとっては大きな目標が達成できました」と振り返った。
「3回転連続ジャンプをフリーのプログラムで成功させ、ショートとフリーともにミスのない演技が出来ました。」 そして質問が集中する浅田に代わり、こう続けた

「トリプルアクセルを(プログラムに)取り入れられるという事は、(女子)フィギュアスケートではとてもエキサイティングなことなんです。 3回転の連続ジャンプが勝敗を決するのではなく、トリプルアクセルを武器にしなければ戦えないような時代が、少しでも早く女子フィギュアに来て欲しいです。 
真央のように、その指針を示し、自ら実践している選手が存在するということが驚嘆に値することです。彼女はスケートの限界を押し上げてゆきます。 それについてゆけるかどうかは私達次第です。」


Quote :
DETROIT -- They had to teach her to smile.

Not the physical act, of course, but how to really feel it, to show it in public. Mao Asada's coaches chose Gershwin's "I Got Rhythm," for her short figure skating program last season, and it doesn't get more upbeat, more Western, than that.

"Most Japanese don't show much expression; it's hard for us," said Asada's agent, Mariko Wada. "It's hard for us to express joy, a big smile, in front of people. Our culture is always calm, peaceful, no big smiles. We like to be polite."

At first Asada literally could not do it. "Her choreographer made her have a big performance, big arm movements," Wada said. "She would point to her and say, 'At this point, smile. Act like you're kidding somebody.'"

Her agent says Mao Asada had difficulty with expressing joy in public, even while performing on the ice.

It worked well enough that Asada, 23, the Olympic silver medalist in 2010, performed the program and finished first at the Four Continents Figure Skating Championships in Osaka, Japan, in February, and went on to win her second world championship the following month.

But she came to Detroit this weekend with a new short program, one that is more mature and romantic, perhaps more fitting for a woman who spoke recently of retiring after the 2014 Olympics, of hoping to "meet a good partner and [making] a good family together."

Asada performed her new short program Friday at Skate America to Chopin's "Nocturne," nailing a triple-flip and triple-loop, double-loop combination to earn a near personal best, then capped off the weekend with a free skate Sunday to Piano Concerto No. 2 by Rachmaninov that, despite a fall on her triple Axel, earned her the gold medal.

U.S. national champion Ashley Wagner took the silver, performing a near-flawless but less technically demanding routine, while Russia's Elena Radionova, who at 14 is too young to compete in the Winter Olympics in Sochi in February, won the bronze.

Afterward, it was a study in contrasts.

Wagner was typically effusive at their group news conference, joking about her "knotted" French braids -- "My hairdresser is going to be upset but it's my profession, there are G-forces involved" -- and snapping pictures of Asada and Radionova.

※訳はここから
Wagner and Radionova also expressed overall satisfaction with their respective results while conveying their utmost respect for the woman who will be in the hunt for gold in Sochi.

"I have to say congrats to Mao, because she is pushing this sport further and further every single competition, and that's something we should all be very happy about," Wagner said.

Radionova, in her first Grand Prix competition, called Asada, who became the first woman to win all six current Grand Prix Series events, "my idol."

"I don't see her only as a rival," Radionova said through an interpreter. "I'm just enjoying watching her when she skates."

Asada recalled her first Grand Prix event at 15 and feeling the same way about Japan's Shizuka Arakawa, the 2006 Olympic champion, and American Sasha Cohen, the '06 silver medalist.

Ashley Wagner won the silver at Skate America and said she appreciates what gold medalist Mao Asada is doing for skating.

"I remember I was very happy competing with them or just being at the same competition with them," said Asada, who would have been a favorite for the gold medal in 2006 had she been old enough to compete. "It feels kind of funny to be in their position now. It's nice to hear the comment from [Radionova] and I wish her good luck."

Wada called Asada the female equivalent to Ichiro Suzuki in Japan.

"I was very shocked when she said this would be her last year to compete," Wada said, describing Asada's celebrity. "But the next morning, I saw fans crying."

Asada expressed the desire to travel without her skates one day, but not before winning the gold medal in Sochi, where her biggest obstacle will be 2010 gold medalist Kim Yu-na from South Korea (currently hobbled with an ankle injury), Italy's Carolina Kostner and Wagner.

But Wada and even Asada herself do not seem convinced that Sochi will be her last competition.

"If you set a goal with no end in sight, then, oh my God, it's a long time," Wada said. "But if you think only until the next Olympics [it's easier]."

Asada laughed when asked this week if she could imagine competing in a third Olympics in Korea in 2018.

"2018?" she replied with a smile, "Who knows? I'll only be 27."

Asada was near tears as she accepted the silver medal in Vancouver in 2010 and admitted this week that she was a little too focused on her rivalry with Yu-na.

"Obviously, anybody would be happy with a silver medal," Asada said this week. "But that was a season when I couldn't do most of my jumps and I was not happy about it. I came back to do a perfect program at the Olympics and show not only my jumping skills but my skating skills."

After Vancouver, Asada said she relearned all of her jumps, struggling to land the triple Axel over the next two years. In the midst of that, in the winter of 2011, she lost her mother, Kyoko Asada, to chronic liver disease at age 48.

Wada said Asada's grief has largely subsided.

"When she is away from home, because she has always been away so much, she always feels together [with her mother]," Wada said. "It's harder when she's home."

On Sunday, Asada -- who remains the only woman to consistently attempt and land the triple axel, the most difficult jump in women's figure skating -- said she was "not completely satisfied" with her program but called it "a learning experience."

Wagner, calling her own performance "a huge accomplishment for me -- a triple-triple in the long program, back-to-back clean programs," tried to let Asada off the hook.

"The triple axel is something that's so exciting to happen in figure skating and I really I can't wait to see the day where it's not just the triple-triple that's required to be competitive but the triple axel," Wagner said. "Having women like Mao setting the tone in that way is quite extraordinary. She's pushing the boundaries of skating, and it's up to us whether or not we're going to keep up with her."


[You must be registered and logged in to see this image.]
トップに戻る Go down
wellbredpoodle
Supporter
avatar

投稿数 : 28
Join date : 2013/09/09
所在地 : Japan

投稿件名: 良い記事だね~   Tue Oct 22, 2013 5:38 pm

cheers Smile 
hanatsuki 翻訳ありがとうとてもわかりやすい!真央がいなかったら、女子FSは退屈でしょうね。
ロシアっこやアシュリー他の女子たちに真央路線踏襲してほしいね!


真央の貢献を理解してほしい!めんこくてスケートが上手で挑戦し続ける素晴らしすぎるよ!
友達には真央ファンが多いのよ~踊り系の習い事をしていた、している人たちは皆真央ファンだわ。

トップに戻る Go down
mikason
Supporter
avatar

投稿数 : 42
Join date : 2013/02/11
所在地 : たこやき国

投稿件名: Re: ESPNの記事/Skate America 女子関連   Tue Oct 22, 2013 6:23 pm

hanatsukiありがとうsuki 

英語難民なので海外の記事が読めてうれしいcheers 


アシュリーとラジオノワちゃんのコメントはファンとしてもよんでて
うれしいね
選手たちが一番真央が挑戦してる事の難しさをわかってくれてるよねnod 


ところでウェルプーの貼ってくれてる動画のワンちゃんはウェルプーんちの子?
ヌイグルミみたいですっごくカワイイ~hahar
トップに戻る Go down
comacoma
Supporter
avatar

投稿数 : 102
Join date : 2013/05/03
所在地 : 江戸

投稿件名: Re: ESPNの記事/Skate America 女子関連   Tue Oct 22, 2013 8:21 pm

hanatsuki、ありがとう。アシュリーの発言は知っていたけど、全文読んだのははじめてなので嬉しい!

hanatsuki wrote:


真央のように、その指針を示し、自ら実践している選手が存在するということが驚嘆に値することです。彼女はスケートの限界を押し上げてゆきます。 それについてゆけるかどうかは私達次第です。」

このコメント読んで、彼女のPCSにちょっとだけもやもやしてた気持ちが和らいだわ~

国内の突き上げもあってだろうけど、「今季は3-2はもう飛ばない!3-3が"full time job"よ」
と言っていて、その発言とこれを合わせると、真央が刺激になっているんだろうなあと思う。

彼女も「アスリート」なんだろうね。
だから、アスリートとしての極みを見せ続ける真央に、「ついてゆきたい」と思ってくれているんだろうなって、胸がいっぱいになったよ。

真央が五輪で3A入りの8トリプルを達成したら、
きっとまた3Aに挑戦する子も現れてくると信じてる。

でもアシュリー、スピンとステップも、もう少し頑張ろうねheheb
トップに戻る Go down
locca
Supporter
avatar

投稿数 : 21
Join date : 2013/02/11

投稿件名: Re: ESPNの記事/Skate America 女子関連   Wed Oct 23, 2013 10:19 am

アシュリーの発言はうれしいねVery Happy (もちろんラジオノワちゃんのも)

表彰台から降りるラジオノワちゃんにさっと手を差しのべてあげたり、さりげない気づかいのできる子だなーという印象があるよ。

演技のドヤ顔だけ見てるとたまに可愛げなく感じるときもあるんだけど、キスクラでの様子とか、今回のこういう発言とかを見てると、「あ、この子いいこやわ」と思うことがあって、人物としてはけっこう好感もってます。
トップに戻る Go down
Sponsored content




投稿件名: Re: ESPNの記事/Skate America 女子関連   

トップに戻る Go down
 
ESPNの記事/Skate America 女子関連
前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:返信投稿: 不可
 :: 選手権・ショー・イベント・テレビ番組等/COMPETITIONS, SHOWS, EVENTS, TV, OTHERS :: ニュース/NEWS-
移動先: