JAPAN FIGURE SKATE FORUM は、フィギュア・スケートと日本人スケーターを愛する皆様の交流フォーラムです♪
 
インデックスFAQ検索登録するログイン

Share | 
 

 ファンとして応援の仕方を軌道修正しました

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down 
投稿者メッセージ
PochinkoPotanko
Moderator
avatar

投稿数 : 1397
Join date : 2010/05/21
所在地 : 東京下町

投稿件名: ファンとして応援の仕方を軌道修正しました   Fri Jul 26, 2013 8:46 pm

どこの項目に書くべき内容かよく分からんかったので(自分が作ったフォーラム構成なのに情けねぇ)、ここに最近感じてることを書きます。

英語真央フォーラム通して親しくなった中国系アメリカ人の真央ファンの子がいて、彼女はよく真剣に真央が勝てるためのレイアウトとか自分で考えてPMで送ってくるの。その度に、私はやんわりとだけど、勝ち負け抜きで真央には彼女が納得行く演技をしてもらえれば充分だよとか返答してた。正直、真央の演技を堪能して感謝することより、真央に何としてでも勝ってほしいと願う感覚はお国柄の違いかな~くらいにしか思ってなかったので。更にジャッジンの偏向採点、欠陥だらけのシステムが問題視されればされるほど、自分はもう勝ち負けなんかどうでもいい、真央や他の日本選手や他国のお気に入り選手らが、満足できてハッピーになれる演技してくれるので充分だと自分に言い聞かせるようにしていた事実もあったから…

しかし、最近読んだとある本の影響で、自分のそうした考え方は負け犬根性が染みついてしまっていただけだと気づかされた。反発を買うことを承知で言うけど、ネットのコメント等を読んでいると、他のファンも同様な心境に陥ってると思わざるを得ない。これは、はっきり言って実は選手らに非常に失礼な姿勢だと今は反省してる。金もかかる上、ハードな練習を日々こなしてる選手らが、例えば今度の五輪に関して、「勝てる見込みはないけど、精一杯やるわ」程度の甘っちょろい気持で頑張ってるとはとても思えない。日本の選手が「五輪金を狙ってます」と明言しなくとも、やっぱり勝ちたいと思っているに決まってる。

なのに、私はジャッジやシステムがどうだのを言い訳に、日本の選手には良い演技をしてもらって、引退するならすっきりした気分でそうしてくれて、その後は幸せに暮らして行ってくれれば充分だわ~などど、五輪で彼らが優勝する可能性が無いとは思わないものの、現段階では非常に厳しく、彼らが負けた時にショックを感じたくないがために、銅メダルくらいは獲らせてあげたいけど、優勝とか気にしないでくれていいわ、みたいな感覚でいた。五輪がどうのとファンが騒いで選手にプレッシャー与えたくないし、という考えも上述のように考える正当な言い訳だと思うようにもしていた。

でも、やっぱり本音としては、日本の選手に五輪金を勝ち取って欲しい!

そう思うのはファンとしても日本人としても至極当たり前なことで、いかにISUのシステムが腐っていようが、他国の選手が特別扱いされている傾向があろうが、そんな不利な状況をぶっ潰すほどの演技を披露して、やっぱり日本の選手に勝って欲しいと堂々と今後は主張することに決めた。

ファンとしてそのように言うことで選手にあらぬプレッシャーをかける危険性も、もう厭わない。ファンや国民の期待ごときで実力を大舞台で発揮できなくなる程度の選手なら、所詮五輪優勝などには値しないからだ。今季は冒頭からファンは大いに期待というプレッシャーを選手にかけて、五輪までにそれに潰されない強靭な神経を日本の選手に養ってもらう方向にこそ持って行くべきだと思う。そもそも、今まで「勝たなくてもいいのよ真央ちゃん、いつも通り頑張ってくれればそれで充分よ」等と私を含む真央ファンこそが、メンタル面で少々弱いと一般的に言われている彼女の選手としての性質を促してきてしまった気さえする。

例えば大多数の日本人ファンが大嫌いなキム選手を取り巻いていた今までの状況を振り返ってみれば、強いメンタルを選手が培う上で周囲の多大な期待が決して凶と出るわけではないと私は思うようになった。彼女は自国初のフィギュアのトップ選手であり、韓国の皆様は信じ難いレベルの期待を何の躊躇もなく露わにしてきた。彼らが憎んでやまない日本人の真央がライバルとあって、一層キム選手に何が何でも勝て!というくらいの期待を背負わせた。そんな状況下で滑り続けなければならなかったことはキム選手にとって相当きつかったはず。でも、それが逆に彼女の精神面を鍛え上げたと言える一面もあると思う。昨季のカムバックに関しても、ブランクがありながらもキム選手は勝つと韓国人ファンの多くは海外フォーラムで、何の根拠もないものの叫び続けていた。そして、結果的にブランクなど感じさせない圧倒的な演技でキム選手は昨季のワールドで優勝した。

技術は素晴らしくても心が込められた演技とは思えなかった、確かに上手いけれどジャッジの高いスコアの出し方は異常だった、云々と日本のフィギュア・ファンの多くは重箱の隅をつつくようなコメントに走った。私も例外ではない。でも、キム選手がもとから嫌いな日本人がいかなる彼女の演技にも感動することなどあり得ないし、ジャッジのスコアリングがどうあれ、あの大会でのキム選手の一人勝ちはどう考えても否めないと思う。日本のファンが何と言おうが、日本や他国の選手はあのワールドでの彼女の演技を後日観て、完敗したと認めたと思う。そう感じて、次こそはと奮い立つのがアスリートのあるべき姿だ。人間的にどうだろうが、勝つためだけに滑っていようが、キム選手は勝者に値する類稀なる強い選手。むしろ、勝つためだけに滑るからこそ彼女は強いのかもしれない。

プロ野球やサッカーの選手はミスを犯す度に自身のチームのファンからもケチョンケチョンに貶されまくる。シーズン毎の活躍いかんで年俸も上下し、二軍に落とされるリスクも常に背負っている。だからこそ彼らは死ぬ気で挽回を狙う。それに比べてアマチュア競技の世界は数段賭けているもののレベルが低い。そしてファンは贔屓の選手が負けても、何故負けたのか?何がその選手に足りないのか?等は概ね無視して、「残念だったけど、次で頑張ればいいのよ」等と甘やかす。プロであれ、アマチュアであれ、競技は同様に勝負であり、そうしたファンの声は選手が負けた際に抱いて次へと繋げるべき猛烈な悔しさに水を差すだけではないか。以前書いていたフィギュア・ブログで、私はそうした姿勢で応戦している選手に対してこそ、負けた時でさえ演技の良かった部分のみを称賛し、欠点についてはひたすら無視して「負けてもいいのよ♪」コールを連発していた。今はその行為を非常に恥ずかしく、かつ無責任だったと感じている。

勿論、選手らがいちいちファンのネットのコメントを読んでいる可能性は低いと思う。それでも、応援している選手に本当に勝って欲しいなら、負けた際に貶せとまでは言わないが、彼らの弱点とも向き合って、それをいかに克服して勝利に繋げるかを考えるべきだと思う。なのに応援している選手が負けた場合、日本人ファンの大半がやることは、まずジャッジのスコアリング批判。私もジャッジのあり方に対する不満は絶えないし、そもそも同じジャッジがTESとPCSを同時にきちんと採点することは物理的に無理だと思ってる。でも、そんなことをいくら喚こうが、そうそう簡単にISUがシステムを改善する見込みなどないのが現実。そんな状況下でも選手たちは勝つことが不可能ではないと信じて頑張っているのに、直接ISUに抗議のメールでも送るという行動に出るならまだしも、単にネット上でファンがジャッジやシステムを批判したところで何が変わる?そもそも、欠点だらけのシステムの中においてさえ、誰もが認められるような正当な勝利を手にした選手はいくらでもいる。

勝つことが全てではないという類の考えは、選手の立場にいないファンが気楽に抱けるものに過ぎない。途轍もない努力の結果が勝利に繋がらなかった時、テレビの取材で見せている様子とは裏腹に、どれほど選手らが無念で悔しい思いをしているかくらい、少しでも想像力を働かせれば分かること。「自分の力が出しきれればいい」等と選手らも言うけれど、それは建て前であって、心の底では誰もがやっぱり勝ちたいと思ってどんな大会にも挑んでいると私は信じる。自分の今の力は発揮できたからそれでいいなんて低レベルの意識で、少なくとも日本の選手たちが大会に挑んでいると私は思わない。ワールドで真央が美姫に敗れた際にバックステージで流した悔し涙こそアスリートの本音を表しているのだ。歳を重ねるにつれ真央はそうした姿をカメラにさらさないようにするようになり、男子選手は悔しくても男としてそうそう涙など見せないだろう。それでもまともなアスリートなら敗北すれば絶対に悔しい思いを抱いているはずで、ファンが「勝てなくても、素晴らしい演技でしたよ」等と言っても何の慰めにもなってないはずだ。

練習頑張って、大会で懸命に滑ったなら、負けたとしてもいいじゃないなんて考えは綺麗事に過ぎない。大会は学芸会ではない。自分同様に凄まじい練習をしてきたライバルの努力を無にして蹴散らしてでも勝つ…勝利することは本来それほど残酷で他者を潰す醜い行為でもある。それでも勝ちたいと頑張ってる選手をよそに、日本の選手は他国の選手を負かすためではなく自分自身と闘っているなんて見方は脳内花畑連中が言う詭弁だ。自分自身との闘いなんて、そんなことは基本中の基本で、スポーツをやる時点でそれは既に成立している。でも、勝ちを狙うことは単なる自分自身との闘いなんかじゃない。この期に及んでは断言してもいい…アスリートが他のライバルを負かそうと意識せずに大会や試合に臨むことなぞあり得ない。更に言うなら、そう意識できない選手は最初から負けたも同然だ。私は日本の選手にそうであって欲しくないし、彼らがそうであると信じることも拒否する。

他国の選手や歪んだシステムなんぞ蹴散らすくらいの気概で、私は日本の選手たちが今シーズンならびに五輪に挑んでくれるものと信じて、それに相応しいと思える応援の仕方しか今後は一切しない。この投稿を読んで気分を害した方々には申し訳ないが、自分も含めてこれまでの大方のフィギュア・ファンのあり方には大きな誤りがあったと思わざるを得ない。ファンの存在が少しでも選手の勝利に貢献できる部分があるならば、頑張れと声援を送ることは是だが、負けた際にも褒めたり慰めたりすることじゃないと思う。選手が貪欲に勝つことのみに専念・集中できるシビアな雰囲気を作ってやることこそ、ファンの本来の務めだった。他の誰に対してよりも、それを疎かにしてきた自分を情けなく思う。


[You must be registered and logged in to see this image.]
Mao's Guradian Angels/Facebook:入会ご希望の方はメッセージでご連絡ください
Mao Asada Fan Forum YouTube Channel: [You must be registered and logged in to see this link.]
PochinkoPotanko's Youtube Channel: [You must be registered and logged in to see this link.]
トップに戻る Go down
http://blog.livedoor.jp/pochinkopotanko/
 
ファンとして応援の仕方を軌道修正しました
前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:返信投稿: 不可
 :: フィギュア・スケート全般/FIGURE SKATING ON THE WHOLE :: 観戦・観賞・レッスンについて/WATCHING & LEARNING FIGURE SKATING-
移動先: