JAPAN FIGURE SKATE FORUM は、フィギュア・スケートと日本人スケーターを愛する皆様の交流フォーラムです♪
 
インデックスFAQ検索登録するログイン

Share | 
 

 【コラム】日本女子はいかにパフォーマンスを生きるかを見せた

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down 
投稿者メッセージ
UniversalReporter
World Reporter
avatar

投稿数 : 10
Join date : 2013/01/24

投稿件名: 【コラム】日本女子はいかにパフォーマンスを生きるかを見せた   Sun Feb 10, 2013 12:43 am

Quote :
Japan’s ladies show how to live performances
February 09, 2013   By Vladislav Luchianov
http://fskating.com/2013/02/japans-ladies-show-how-to-live-performances.html

At the 2013 Four Continents Championships in Osaka Japanese ladies Mao Asada, Akiko Suzuki and Kanako Murakami deeply impressed the audience with their short programs today.
At the moment the entire podium belongs to Japan and it is well deserved.

本日、大阪で行われた2013年度四大陸選手権で、浅田真央、鈴木明子そして村上佳菜子の日本女子らは彼女たちのSPで観客を深く感激させた。
現時点では表彰台は日本に独占されており、それに値する演技を彼女らはした。

When Mao Asada perfectly performed her famous triple axel, the arena in Osaka has exploded with enthusiastic shouts from the audience. But that was only the beginning. Throughout Mao’s program to I Got Rhythm by George Gershwin, which is choreographed by Lori Nichol, I have absolutely no extraneous thoughts in my head. You know, when you look some usual skater’s program, you often have thoughts like “Well, now she’s going to do this (or that) jump… ok, and now she’s going to do a cascade….” And so on.

浅田真央が彼女の有名な3Aを完璧に跳んだ時、大阪の会場に観客の盛んな歓声が炸裂した。でも、それはほんの始まりに過ぎなかった。ロリー・ニコル振付によるG・ガーシュウィンのアイ・ガット・リズムのプログラムの最中、私の頭の中には他の何事も入り込んで来なかった。一般的なスケーターの演技を観ている最中は、よく「さぁ、彼女は次にこんな技や(例の)ジャンプをして…そう、今度はカスケードをやるんだろう…」等と頭に思い描いてしまうことが常なのはご理解いただけるだろう。

Today, Mao did not let go of her program even for one second. Yes, she really got the rhythm. It was not just a rhythm – it was a life on the ice. As well as her teammates, Akiko Suzuki and Kanako Murakami, she didn’t skated or just performed – she lived the performance! To skate and to live a performance are very different things. Today’s performances of all three Japanese ladies were of the major league level.

今日の真央は自身のプログラムから一秒たりとも外れなかった。そう、まさに彼女はリズムに乗っていた。それはただのリズムではない―それは氷の上の命だった。チームメイトの鈴木明子や村上佳菜子同様に、彼女は単に滑ったり、単に演技したのではない―彼女はパフォーマンスそのものを生きていたのだ!滑ることと、パーフォーマンスを生きてみせることはかなり違う。本日の三名の日本女子は全員がメジャー・リーグ級のレベルに達していた。

The major league level is when you’re not thinking about the elements and components of the program. They are so well prepared and trained that your level of skating is very different from the others. These skaters glide over the ice so easily that your attention is completely absorbed by the image they convey to you. All you want to do is just enjoy their performances.

メジャー・リーグ級レベルというのは、プログラムの要素や構成を意識していない状況ということだ。大変よく準備・練習をした結果、スケーティングのレベルが他の選手よりも高い次元に到達するのだ。こうしたレベルのスケーターはいとも簡単に氷上を滑走するので、観る側の視点は彼らが与えるイメージに完全に飲み込まれてしまう。彼らの演技を純粋に楽しみたいという気持に自然と導いてくれるのだ。

Akiko Suzuki was just amazing today in her Kill Bill short program choreographed by Anjelika Krylova. When you look at this figure skater, it becomes a bit sad that the next season will be her last one in the competitive figure skating. She is in such an excellent sporting shape that fans just do not want to let her go.

アンジェリカ・クリロワが振付したキル・ビルSPを滑っていた時の鈴木明子もまさに素晴らしかった。彼女というフィギュア・スケーターを目にすると、来季が彼女にとって最後の競技シーズンになることが惜しまれる。彼女にはスポーツ向けの完璧な肉体的完成度があり、ファンは彼女を手放す気になれないのだ。

Her new short program is revealed to us another Akiko, very passionate and thus, even more beautiful. Flawless execution of all necessary elements also looked very natural and clean.

この新しいSPは、とても情熱的かつより美しいとも言える、新しい明子の一面を我々に見せてくれた。ミスのない必須要素のこなし方も、とても自然でクリーンだった。

Kanako Murakami also impressed the audience by her soulful program of Prayer for Taylor. Everything looked very clean, harmonious and with a deep meaning. I repeat, this high level of performance can be achieved when you begin to live your program. Not just to skate, not just to execute and not just to perform – to live the performance with all its images, senses and meanings.

村上佳菜子も魂が込められたプレイヤー・フォー・テイラーのプロで観客を感心させた。全てがとてもクリーンにこなされ、音楽と調和しており、深い意味合いがあるように観えた。もう一度言うが、こうした高レベルの演技は、自身のプログラムを生きるようになることで初めて可能となる。スケートするだけでなく、要素をこなすだけでなく、演じるだけでもなく―イメージ、感覚と意味と共にパフォーマンスを生きるのだ。

Very close to this understanding came American Christina Gao, who always had a very good sense of music. Her technique has grown significantly over the past year and I think that Christina will develop all the confidence she felt during today’s short program.

こうした次元に対する理解にかなり近づいてきているのが、以前から音楽に対する感覚が優れていた、アメリカのクリスティーナ・ガオ。彼女のテクニックはこの一年で著しく成長し、彼女が今回の演技で得た自信を発展させてくれるだろうと私は予想している。

Another American skater Gracie Gold, Canadian Kaetlyn Osmond, China’s Kexin Zhang and many others are certainly very talented. But they still had a lot to learn and this is absolutely normal. With the right approach their talent will greatly expand in the coming years. I guess it’s very good that they compete on the same ice with renowned giants. Japanese trio can teach a lot of things. The most important of them is how to stop just skating and start living your performances.

もう一人のアメリカ人選手のグレイシー・ゴールド、カナダのケイトリン・オズモンド、中国の張可欣や他の多くの選手達も才能に溢れている。しかし、彼女らはまだまだ学ばねばならないことが多く、それは当たり前なことだ。正しい方向へ向かえば彼女らの才能は今後の年月で大幅に伸びることだろう。彼女達が有名な大物選手らと同じ氷上で競えることは、とても望ましいと言えるだろう。日本のトリオは彼女らに多くを教えられるはずだ。彼女らにとって最も大切となることは、単にスケートするという姿勢から抜け出して自分のパフォーマンスを生きるようにし始めることなのだ。


[You must be registered and logged in to see this image.]
トップに戻る Go down
 
【コラム】日本女子はいかにパフォーマンスを生きるかを見せた
前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:返信投稿: 不可
 :: フィギュア・スケート全般/FIGURE SKATING ON THE WHOLE :: 海外ニュース記事&海外情報全般/OVERSEAS NEWS & INFO-
移動先: